スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸の高級牛肉 神戸牛

最高級の牛肉を紹介していきます。

神戸牛って神戸で育った牛から作られた肉だと思っていたけど、実は違っていました。

兵庫県の但馬牛がルーツだったんです。

最高級牛肉の味と品質を維持するために、他の地域との混血をさけて、純血を守ってきたというから驚きです。

昔は、この但馬牛は、食べる肉ではなくて、田畑を耕したり荷物を運んだりとお手伝い専門の牛だったようです。


そんな、但馬牛は、港町神戸の開港と同時に多くの外国の方がみえて、但馬牛を食べたところ、そのおいしさから神戸ビーフはすばらしいと一躍高級牛肉の仲間入りだそうです。

だから、神戸牛=神戸ビーフ(あるいは神戸肉)なんです。

最高級神戸牛は、筋肉の繊維が細かく、きめ細かな「サシ」が入り込み、鮮やかな薄紅色の霜降り肉!

特にこの肉の特徴は、低い温度で油脂が溶け始め、お肉と絡み合いなんともいえない風味を出す。

スポンサーサイト

テーマ : お肉 - ジャンル : グルメ

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。