スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松阪の高級牛肉 松阪牛

高級牛肉で有名な「松阪牛」とは、全国から優秀な血統の子牛を導入し、独自の管理システム「個体識別管理システム」の対象地域で肥育された、未経産の黒毛和種の雌牛を『松阪牛』と呼んでいます。

特に、えりすぐりは、但馬地方(兵庫県)より、生後7ヶ月~8ヶ月ほどの選び抜いた子牛で、 約3年間、農家の手で1頭1頭手塩にかけ、えさとして、稲わら、大麦、ふすま、大豆粕などを中心に与えながら肥育された牛。

特徴的なえさは、食欲増進のために与えるビールや焼酎でのマッサージは有名です。

松阪牛は、霜降りに代表される高級牛肉として知られる。優れた資質、行き届いた飼養管理によって日本一の肉牛として認められ、味のすばらしさは「肉の芸術品」として全国、世界から賞賛されています。

超高級牛肉に得ればれるようなものは・・・脂肪が筋肉の中にこまかく入り、これが鮮紅色の筋せんいと交雑してクッキリ鮮やかな「サシ」。

中でも、「霜降り肉」は、熱を加えると「サシ」が溶けて回りの筋肉をときほぐし、柔らかく舌ざわりをよくします。このとき、筋肉のもつ味と、脂肪の香りが微妙にとけあい特有のまろやかさをかもしだすのです。

やっぱり、松阪牛は最高
スポンサーサイト

テーマ : 焼肉・ステーキ - ジャンル : グルメ

神戸の高級牛肉 神戸牛

最高級の牛肉を紹介していきます。

神戸牛って神戸で育った牛から作られた肉だと思っていたけど、実は違っていました。

兵庫県の但馬牛がルーツだったんです。

最高級牛肉の味と品質を維持するために、他の地域との混血をさけて、純血を守ってきたというから驚きです。

昔は、この但馬牛は、食べる肉ではなくて、田畑を耕したり荷物を運んだりとお手伝い専門の牛だったようです。


そんな、但馬牛は、港町神戸の開港と同時に多くの外国の方がみえて、但馬牛を食べたところ、そのおいしさから神戸ビーフはすばらしいと一躍高級牛肉の仲間入りだそうです。

だから、神戸牛=神戸ビーフ(あるいは神戸肉)なんです。

最高級神戸牛は、筋肉の繊維が細かく、きめ細かな「サシ」が入り込み、鮮やかな薄紅色の霜降り肉!

特にこの肉の特徴は、低い温度で油脂が溶け始め、お肉と絡み合いなんともいえない風味を出す。

テーマ : お肉 - ジャンル : グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。